LINEモバイルのデメリット。確認すべき8つのポイント。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LINEモバイルのデメリットとは?

うさぎさん
ハムスターくんも使ってるし早速LINEモバイルにしよ〜
ハムスターくん
ちょっと待って、念のためデメリットも知っておこう

LINEモバイルの魅力やメリットを知ってしまったあなた、うさぎさんと同様、「早速申し込もう!」と思っていませんか?その前にデメリットも確認しましょうね。

【その1】 時間帯によって通信速度が遅くなることがあること

LINEモバイルを考えているあなたにとって、費用と同じくらい気になるのは通信速度ではないでしょうか?スマホの反応が鈍いとストレスですよね。この通信速度について、きちんと理解しておく必要があります。

うさぎさん
ハムスターくん、今まで遅いって感じることある?
ハムスターくん
ううん、ストレスを感じることはほとんどないよ

結論から言うと、お昼休みや帰宅する時間(18:30前後)など多くの人がスマホを使うであろう時間は通信速度が落ちます。でも通信速度が落ちても、それを使っているあなたが感じることはほとんどありません。

動画を見るとかオンラインゲームをするなどデータをたくさん使うことがなければ大丈夫です。LINE、ツイッター、インスタグラム、フェイスブックはそれほど多くのデータを必要としないので、安心してお使い頂けるでしょう。

【その2】電話かけ放題がないこと⇨17年夏から通話定額サービスを提供する予定!

うさぎさん
美容室の予約、レストランの予約、会社への連絡とかは電話だよね、、、
ハムスターくん
そうだね、でもLINEモバイルは2017年夏から通話定額サービスを開始するみたいだよ!

今はまだ提供されておりませんが、間もなく提供が開始するようです。友人や家族との通話はLINEでいいのですが、お店の予約など、まだまだ電話が必要な場面は多いですからね。 現在のLINEモバイルの通話料は30秒あたり20円と少々高いので私も長電話をしないように気をつけています。でも、通話定額サービスの提供によりLINEモバイルは今後さらに魅力的なサービスとなり、多くの方に愛されることになるのは間違いないでしょう。

【その3】 1年間は解約料がかかること

うさぎさん
一年間は解約料がかかっちゃんだ、、、
ハムスターくん
うん、僕はいまのところ解約を考えていないし、友人が解約したっていう話も聞かないなあ

LINEモバイルは解約をする人がとても少ないことで知られていますが、契約して1年以内にサービスの解約か他社へMNP転出をすると9,800円の解約手数料が発生します。

【その4】LINEフリープランから他のプランに変更することができない

LINEフリープランに契約してしまうと、他のプランに変更することができません。コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランから、他のプランに変更することはもちろん可能です。

うさぎさん
あーそうなんだ、LINEフリープランにする時はよく考えないとね!
ハムスターくん
そうだね!LINEフリープランは解約料がかからないからプラン変更するときは解約すればいいんだよ。でもこれは手間がかかるよね

【その5】キャリアメールが使えない

LINEモバイルはドコモのネットワークを使っておりますが、@ドコモのキャリアメールを使用することができません。普段から使っている人はLINEでの連絡に切り替える必要がありますね。

うさぎさん
そうだね、若い人たちはもうキャリアメール使わないけど、ママの世代はけっこうキャリアメール使っているよ

ハムスターくん
そうだね、懐かしいな、僕も昔は使っていたよ。LINEモバイルをきっかけにみんなLINEでトークしてほしいな

【その6】20GB以上データを使う人には物足りない

ソフトバンクのギガモンスター(20GB)など大容量のプランの方にとって、LINEモバイルは物足りないでしょう。LINEモバイルは最大で10GBです。

うさぎさん
そっかー!でもさ、LINEとツイッターとフェイスブックとインスタグラムは使い放題のコミュニケーションフリープランがあれば20GBもいらなくない?

ハムスターくん
うさぎさんスルドイね!そう、普段自分がSNSにどれくらいデータ容量を使用しているか、確認した方が良いね。

iPhoneをお使いの方は「設定」⇨「モバイルデータ通信」で各アプリ毎にどれくらいのデータを使っているか把握することができます。

ハムスターくん
僕は元々ソフトバンクのギガモンスターを使っていたよ。今ではLINEモバイルのコミュニケーションフリー3GB+Wi-Fiを使っているんだ。

大手携帯電話会社からLINEモバイルに替えると大体4,000円ほど節約できますが、Wi-Fiを新たに契約するとちょうど月々4,000ほどかかりますので、プラスマイナスゼロになってしまいますね。その代わりWi-Fiはデータ容量が無制限なのでストレスなくネットを使うことができます。

【その7】Androidのスマホはテザリングに注意

テザリングとはスマホのネットワークを利用して、パソコンをインターネットに接続することです。iPhoneであれば問題なく使えるのですが、純正SIMフリーでないAndroidスマホではテザリングが使えないのでご注意下さい。純正SIMフリーのスマホであればテザリングは可能です。

うさぎさん
へーiPhoneばっかり使っているからわからいけど、大変みたいね

ハムスターくん
そうだね、Androidを使っている人は注意が必要だね

【その8】通話料金が高い→【改善】30秒あたり10円に!

うさぎさん
LINEモバイルにしてから電話するのがこわいよ〜料金高いんだもん!

ハムスターくん
「いつでも電話」アプリがあれば、30秒=10円と、今までの半額になったからだいぶ良くなったでしょ?

これまで、LINEモバイルの通話料金は30秒=20円でしたが、「いつでも電話」アプリで通話すれば、30秒=10円と半額になりました。これは880円の通話定額オプションに加入していなくても利用することができます。

まとめ

改めて整理すると、昼休みに通信速度が落ちる、今は通話定額サービスがない、1年間は解約手数料がかかる、LINEフリープランから他のプランに変更できない、キャリアメールが使えない、月々20GB以上のデータを使う人には物足りない、純正SIMフリーでないAndroidスマホではテザリングが使えない、ということでした。

ハムスターくん
メリットだけでなく、デメリットもちゃんと理解できたかな?
うさぎさん
うん!でもメリットが魅力的だからやっぱりLINEモバイルがますます気に入っちゃった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。